【暗いところで目立つ色・旧秋山配色】ファンサもらえる手作りうちわ①

デザイン

せっかくのコンサート参戦!手作りうちわ作るなら、絶対ファンサが欲しい♡

現役デザイナーが、コンサート会場のような暗い場所でも目立つ色をお教えします。

コンサートに手作りうちわを持っていくなら

コンサートに持っていくうちわを手作りする人、多いと思います。

推しのカラーや可愛らしいデザインでうちわを作り込んで、コンサート気分を高めるのはとっても楽しい時間。

でも、ちょっと待って!!!

「それ、推しに見えてるかな????」

推しが反応してくれる手作りうちわが欲しい!

もちろん、推しをイメージしたレースやフェルトの可愛い手作りうちわ、私も大好きでインスタなどでもよくチェックしています!

でも意外とコンサート会場では目立ちにくい・・・かも。

今回は、ファンサが欲しい♡をメインテーマに、

推しにみてもらえる・推しが反応してくれる手作りうちわの配色を考えてみました。

手作りうちわ、何が正解って訳じゃないけど、

推しに見てもらえる手作りうちわを作りたい!

デザイナーの知識が、誰かのお役に立てば・・・♡

アイドルが発言!コンサート会場で見やすい色

コンサートの会場は、薄暗いことが多いです。

明るいステージから推しが客席を見た場合、どんな色がみやすいのでしょうか?

コンサートで見やすい配色に関して、元ジャニーズJr.の秋山さんが発言しています。

秋山さん曰く「蛍光黄色に黒」が一番読みやすいそうで、この配色を「旧秋山配色」とよばれています。

旧秋山配色をデザイナーが解説

旧秋山配色は「蛍光黄色に黒い文字」です。

黄色は、色味のある色(モノトーン以外)の中で一番明るい色です。(蛍光黄色は、黄色の中でも鮮やかで強い色味の黄色です。)

周りの明るさ・暗さに影響されず認識することができるのが、黄色です。

ということで、薄暗いコンサート会場でも「蛍光黄色」は明るく映えて見えるんです。


道路標識や工事現場などに黒色を合わせて、危険を知らせてありますよね。見過ごしちゃいけない看板や標識に使われているのも、認識されやすさが理由です。

とにかく見やすい色だ!ということはおわかりいただけましたか??

この「黄色と黒」の組み合わせの見えやすさが、旧秋山配色組が薄暗いコンサート会場でも最強っていう訳です。

ちなみに、旧秋山配色の「旧」っていうのは?
秋山純さんはもうジャニーズを退所しているから「旧」秋山さん。
現役で秋山大河さんがいるので、こちらが「新」秋山さん、という意味らしいです。

暗い場所でよく見える色を紹介

おそらく、コンサート会場で最強によく見えるのは「旧秋山配色」で間違いないと思います。

どうしても見てもらいたい!場合に特に効果的だと思います。

席が悪いけど、どうしても見てもらいたい!など、コンサートではいろいろな状況がありますもんね。

が、可愛さとかオリジナリティを求めると、

そこそこ見えやすい配色で攻めるのもアリなのかなと思います。

なので、次回は薄暗いコンサート会場でも見やすい色を確認しつつ、

「手作りうちわで推しのメンカラを使う場合の注意点」をテーマにお話していきます♡


コメント

タイトルとURLをコピーしました