webデザイナーに最低限必要な4つのスキルをわかりやすく!

webスクール

webデザインの勉強をこれから始めるのなら、

まずは、webデザイナーに最低限必要なスキルを知っておきましょう。

できるだけ効率よく、勉強を進めていきましょう!

最低限必要なスキル一覧【webデザイナー】

webデザイナーになるために、最低限必要なスキルを箇条書きにしました。

現場で必須のスキルなので、確実に押さえておきましょう。

  • Photoshop ・Illustrator (デザイン系マストのソフト)
  • HTML/CSS (HPを構成する文章)
  • JavaScript/jQuery (視覚的な効果を狙ったアクション)
  • レスポンシブサイトの知識(スマホ対応)

見慣れない言葉もいくつかあるかと思います。

それでは、

初心者にもわかりやすいようにそれぞれの詳しい解説をしていきます。

Photoshop・illustrator

こちらはデザインソフトとして有名です。もちろんwebデザイナーの必須ソフトでもあります。



先述の通りwebサイトやブログも一旦「Photoshop」や「illustrator」でサイト全体のレイアウトを視覚的にデザインします。





それぞれのデザインソフトには得意分野があります。

「Photoshop」は、主に画像の処理に強いソフトです。サイトのバナーやアイキャッチを制作するのにも使われます。
「illustrator」は、レイアウトやデザインに強いソフトです。主にロゴやイラストなどのドローイング系の制作作業がメインです。



こちらのソフトは、それぞれの特徴があるので使う人によって、どちらをよく使うのかは違います。けれど、いずれにせよ使用頻度も高いです。2つセットで使いこなせることが即戦力になるためには必須であると言えます。

実際にどのくらい、どの程度使える状態が「使いこなせる」という状態なのか?


初心者にとっては気になるポイントだと思います。

まいごコアラ
まいごコアラ

現場で恥ずかしくないレベルってどんなの?




他人に評価してもらうなら、実際にwebデザインの前線で活躍するwebデザイナーに判断してもらえば確かだと思います。



webデザインのオンラインスクールの中には前線で活躍する現役webデザイナーを講師に迎えているスクールがあります。

実際に、自分の制作物を確認してもらいながら自分の状態を確認することができます。現在のレベルや、これから目指すレベル、現場のレベル、実際に現役で働いている人の意見はかなり参考になります。

HTML/CSS

]

聞きなれないアルファベットですが、こちらとも長い付き合いになります。


webサイトを表示させる際の役割はこちらです。



HTMLで骨格作り → webサイトとして文章や画像を表示させる
CSSで装飾 → 文字の色や大きさなどで脚色



webページ制作の際に完成見本となる視覚的な全体デザイン。


これを元にして、HTMLやCSSの文章(コード)を駆使してweb上に表示させます。






説明だけだと、一瞬「難しそう・・・」と震えたかもしれません。

が、コードにはひとつひとつ意味があり、正確に理解していけば意外と単純だったりします。


初心者にとっての時間ロスは沼にはまってしまうこと


「どうーしても、何やってもわからない」状態はwebデザインの勉強あるあるです。


先輩コアラ
先輩コアラ

気軽に質問できる環境が、効率よく学習するためには欠かせないと思います。




JavaScript/jQuery

JavaScriptは動きのあるおしゃれなwebページには欠かせない存在です。


動きというのは、画像が何枚もスライドになっていたり、カーソルに合わせてシャッと動いたりする仕掛けです。


HTMLやCSSだけでは表現しにくいもの。JavaScriptではこういったアニメーションの表現ができます。


しかし、結構習得するのが大変・・・。私も挫折を経験した一人。

そのJavaScriptをもっと簡単に記述できるようにしたのがjQueryです。


働きたい会社がどこまでのレベルを求めているのかはわかりませんが、習得するのが難しい技術だからこそ習得した場合には強みにもなりますよね。


どこまでのレベルが求められているかは、その道のプロである現役のwebデザイナーに個別に質問してみましょう。こういった接点が持てることも、オンラインスクールの強みですね。


レスポンシブwebデザイン

当たり前にスマホで検索している現在。

同じサイトをスマホ、パソコン、タブレットなど、どのデバイスから見ても、見やすいサイトを作ることが大切です。

表示できる画面サイズや見やすさで、デバイスによって差が出ないような設定をします。この時に必要なのがレスポンシブWebデザインです。

まとめ

webデザインは時代に合った目新しい方法を取り入れて日々進化しています。
つまり、一旦デザイナーになったからと言って勉強をサボるわけには行かないのが現状です。


webデザイナーになるまでの勉強時間も、webデザイナーとして働く環境に近いものがあります。


コツコツ時間をかけて勉強をすることに慣れるのも、夢に向けての第一歩だと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました